Instructor

ラボを支えるタップダンサーたち

東京、ニューヨークで学んできたタップダンサー達による

本格的なレッスンを受講できます。

​講師の私たちも「一生生徒」のポリシーのもと学び続けています。

photo08.jpg

Instructor

吉田つぶら(オーナー)
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

札幌市出身。10歳からJAZZダンスを学ぶ。高校の時酒井芳乃氏の出会いにより、本格的にダンスを始める。大学在学中NYへ渡米。渡米中チーム「歌舞姫」(hiphop&house)でダンスコンペティションで優勝。東京でSUJI氏、NYで Michelle Dorrance氏に師事。 自主公演ライブ「Rhythm of Tap」「SAPPORO TAP ENSEMBLE」vol.1-5,「Rhythm in Wonderland」を成功させる。2009年日本タップダンス奨学生制度のオーディションに合格し、ロサンゼルスタップフェスティバルに参加する。2016年自身のスタジオ「Tap & Music Lab.」を地元札幌にオープン。幼少の頃から絵を描くことも好きで、描き続けている。自ら作曲などにも挑戦し、音楽としてのタップダンスを表現。

​末富凜太朗
  • Facebook
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram

大阪ダンス&アクターズ専門学校にてジャズ、ストリート等様々なジャンルのダンスを学ぶ。卒業後、プロタップダンスカンパニー[beis]crewに所属し本格的にタップを学びながら全国各地のイベントに出演。

言葉で語り歌うようなタップダンスを全身を使って表現する。

”目の前のお客様と心から幸せな気持ちを共有できるタップダンサー”を目指す。

logo05.png
山下純
  • Facebook
  • Instagram

札幌出身。東京でサラリーマンを経たのち、2010年より羊蹄山麓の喜茂別町に移住。東京時代、今西康之氏や古庄里好氏などに師事。現在は喜茂別やニセコなどでライヴ活動を行う。

logo04.png
谷明展

札幌市出身。25歳より渋谷のタップダンススタジオ「スタジオタップ72」に通い、代表の今西康之氏に師事。2009年より同スタジオのティーチングアシスタントを務め、翌年から入門クラス、振付クラスを担当。

logo03.png
小杉龍画
  • Facebook
  • Instagram

2012年より吉田つぶらに師事。吉田つぶらプロデュースの舞台、ライヴに出演。不破大輔 プロデュース「チョビ渋」、大友良英ディレクターの「札幌コレクティブオーケストラ」に 参加。2016年 には11歳にて初のリーダーライヴをLazybirdにて行う。TV、ラジオにも多数出演。